夢を叶える女性を応援するコミュニティサイト。『シンデレラ倶楽部』


今月のSメンナイトを探せ
今月のSメン ■今までの人生で、スゴイ経験をしたことはありますか?
(狩山)これ珍しいと思うのですが、25歳のころラスベガスに旅行へ行ってラスベガスのカジノのスロットマシンでジャックポットを当てました!25セントが・・・大金に!!周りの人が拍手していましたよ。オレ、ここぞという時の運が強いと思います(笑)

■これだけは誰にも負けないということを教えてください。
(狩山)フットワークの軽さ!仕事でも遊びでも・・・。思いたったらすぐ行動します!どこでも行くかも。思い立ったら海外旅行もいくかも。

■マイブームを教えてください。
(狩山)観葉植物栽培→30cmの観葉植物を2mの木まで育てあげました。ドラマは韓国ドラマの「アイリス」、食べ物は白熊ラーメン(北海道あさひやま動物園の)。

今月のSメン ■将来の夢は?
(狩山)早く仕事引退して(10年以内)、世界一周した後に常夏のリゾートに住む!

■コレがあったから今があると言える人との出会いやきっかけはありますか?
(狩山)今まで好き勝手やらせてくれた両親に感謝ですかね。。。

■グラ男に選ばれて変ったことはありましたか?
(狩山)自分を紹介されるときに、肩書きみたいなかんじで言われる「グラ男四天王の狩山さんです」みたいな・・・(笑)

※人気女性誌『GLAMOROUS 』の年に1回の特別企画、「見るだけでグラッとくるグラ男100」... これらの条件に当てはまる 一般男性を「グラマラス」編集部が1年をかけて血眼に探し集め、選び抜かれた厳選100名の『グラ男』が掲載されます。2008 年に狩山さんは第2位を獲得。

Sメン恋愛コラム
今月のSメン (ライター)狩山さんの初恋はいつですか?
(狩山)幼稚園のころですね。相手の名前は覚えていないですけど。 覚えているというレベルでいうと、小学校の2年、3年のころ。当時の僕 は人を笑わせるのが好きで、給食の時間に牛乳を飲んでいる子に、い かに吐かせるかを毎日考えてましたね。
(ライター)ずぶんとやんちゃですねぇ?
(狩山)ああ~、確かに(笑)。でも家ではおとなしい子でしたね。両親 がけっこう厳しかったんですよ。
(ライター)お母さんはどんな人なんですか?
(狩山)父親が厳しいのに対して、母は見守るって感じです。今でも心 配して電話とかけっこうしてくれますよ。
(ライター)高校のとき、部活は?
(狩山)サッカーをしていましたね。でも怪我をしてしまって…。そのまま何もしないのも嫌なので、マリンスポーツを始めたんです。ヨットとかスキューバダイビングもしましたよ。特にサーフィンにはどっぷりつかりました。
(ライター)サーフィンは今でもするんですか?
(狩山)今は仕事が忙しくなってしまって時間が取れないのと、あとは一緒に行く人とタイミングが合わなくてなかなか行けないです。でも大学のときは、毎日のようにサーフィンをしてましたね。
(ライター)その頃彼女は?どんな子が好きだったんですか?
(狩山)あ~、いましたね。よく趣味が同じ子がいいとかって言いますけど、その頃は特に気にしてなくて。だから、一緒に海に行くとかはなかったですよ。
(ライター)今はどういう子が好みなんですか?
(狩山)価値観とか、何か共有できるものがある子です。今自分で会社を持っていますが、経営的にも安定しなこともありますよね。ライフスタイル1つでも、家に帰るのが遅くなることもありますし。だから、そういったライフスタイルとかビジネススタイルを全部ひっくるめて理解してパートナーになってくれるような人がいいですね。
(ライター)ということは、狩山さんにとっての「いい女」は、価値観の共有ができる人ってことになりそうですね?
(狩山)もちろん、入り口は「かわいい」「きれい」とかかもしれませんけど、最終的には価値観とか「共有できる何か」があるってことになりますね。
(ライター)初対面のとき、まず女性のどこを見ます?
(狩山)顔でいうと、唇です。ツヤ感が出ているかどうかですね。大きさでいうと、小さいよりは少し大きめがいいかな。パーツでいうと、足です。後姿を見たときに、足がすっと伸びていて、つまりバランスが取れているかどうかってけっこう見ますね。
(ライター)逆にNGな女性は?
(狩山)おごってもらうのが当たり前だと思っていて、「ご馳走さまでした」とか「ありがとう」という言葉がない人はちょっとNGですね。その言葉が欲しいということではなくて、それは常識の範囲だと思うんですよ。それを当たり前という顔をされてしまうと、ちょっと引いてしまいますね。
(ライター)外見的には?
(狩山)NGとはちょっと違うと思うんですけど、ちゃんとすれば、すごくきれいだったりかわいいだろうなと思う人っているじゃないですか。素質があるというか。でも洋服とか髪型に気を使ってない人って案外いて、でもそれってちょっと気を使えばすごく良くなるのにって思うんですよ。そういう人を見ると「おしいな」「もったいないな」って思いますね。でも、洋服でもブランド服がいいとかではなくて、ユニクロとかでもいいんです。結局着こなしが重要で、コーディネイトしだいでおしゃれになりますから。だって、実際に上手な子いますよね?
この2人の違いって、なんでできるんでしょうね?
自分を磨く気があるかないかでしょうね。もしかしたら、本当に好きになった人に指摘されると目覚めるかもしれませんよ。
(ライター)初デートのとき、どこに行きます?
(狩山)僕はゆっくり話がしたいので、映画は選択肢になくて、かといって食事だけだとつまらなから、まずはドライブですね。密室なので話ができるし、どこかに行けますから。最近は釣りをするので、釣りに誘いますね。釣りっていうと女の子は引くかもしれないですけど、実は一緒に楽しめるんですよ。
(ライター)狩山さんはなんとなく多趣味って感じですが、他にどんな趣味があるんですか?
(狩山)今は休んでますが、フラダンスもやってましたよ。もともとサーフィンをやっていたから、ハワイが好きなんでしょうね。あとは競馬も好きです。競馬ってギャンブル?って思うかもしれませんけど、僕の場合 はギャンブル派ではなくて、ロマン派です。馬の血統をみたりするんですよ。競馬の馬って、 血統を大事にしますし、強い馬は血統もいいんです。そういうところにロマンを感じるんです よね。だから、いずれ馬主になって日本ダービーで疾走させたいって思ってますよ(笑)。
今月のSメン (ライター)他に目標は?
(狩山)やりたいことを思う存分やることです(笑)。仕事って何のためにやってるのかって 考えると、有り余るほどのお金が欲しいとか資産を築きたいってことはないんです。本当は 毎日遊んで暮らしたいし、行ってみたい場所も世界中にあります。それに、読みたい本もた くさんあるんです。でも時間が足りない…。だから、自分の身が自由になれるだけのお金が できたら、仕事はすっぱりやめて、自分のやりたいことをやりますね。
(ライター)最後、世界中の女性へのメッセージをお願いします。
(狩山)誰でも磨けばきれいになるということですね。みんな、何かしら輝くものは持ってい るのだから、それをどんどん磨いていけば、もっときれいになって、もてるようになると思うん です。ちょっとした気遣いで変わっていきますよ。だから、人それぞれ自分が持っているダイ ヤの原石を見つけて、それを磨いていってほしいですね。